日経BP書店
日経BPの雑誌へ
キーワードで雑誌の掲載号を検索
検索のヒント
記事全文検索  目次検索
日経BPの書籍へ
キーワードで書籍を検索
検索のヒント
年間購読雑誌の送付先変更はこちら
日経BP書店の利用案内 | その他のサービス |
日経BPの雑誌
|  雑誌一覧  |  年間購読のQ&A  |  雑誌専用ファイルのご案内  |  日経BP書店トップ
年間購読お申し込み
バックナンバー購入
日経コミュニケーション表紙
発行日
   毎月第2・第4月曜日発行(年24冊)
年間購読料(税込み)
   1年(24冊):15,100円
   3年(72冊):31,700円
一部売価格(税込み)
   1,200円
日経コミュニケーション
[2004年11月15日号 no.426 11月15日発行]
特集1 だから我が社は「050」に決めました 新発想の電話番号選択法
「番号から場所が分からず信用が置けない」。そんなマイナス・イメージがつきまとい,企業では存在感が薄いIP電話サービス用の番号「050」。だが,「場所が分からないからこそ使える」と前向きにとらえ,050番号を積極的に使いこなす企業が出てきた。(048p)
名刺に刷り込み積極アピール(049p)
ハイアット・リージェンシー・オーサカ/従業員がホテル館内で自分専用の番号を持ち歩く(052p)
楽天トラベル/場所が分からない番号だからこそ選んだ(054p)
太陽生命保険/専門業務を集約するための黒子役に(054p)
ジョヴィ/顧客窓口用と社内のダイヤルインにフル活用(055p)
特集2 メール・システムに“有事”,プロバイダが騒然 
迷惑メール,五つの誤解を解く(058p)
不要な広告や架空請求などを一方的に送り付ける「迷惑メール」の被害が拡大している。プロバイダは対抗策に苦慮し,行政も腰を上げる深刻な事態だ。「少々迷惑なだけ。メールが使えなくなるわけではない」といった誤解を精査し,メール・システムに迫る危機を検証する。(058p)
誤解1 削除が面倒だが,さほど重大な事態とは思えない(060p)
誤解2 メールの送信元を特定して止めればよい(062p)
誤解3 迷惑メール対策の技術を使えば止まる(063p)
誤解4 プロバイダが止めてくれるはず(065p)
誤解5 迷惑メールの規制法で送信者は取り締まれる(067p)
リポート
[新潟県中越地震特報] 震度7が通信網を直撃 その時,企業,事業者,自治体は(079p)
C&W IDCを取り込むソフトバンクの皮算用(084p)
ドコモの新サービスに苦慮するPBXメーカー(086p)
ニュース・ウォッチング
[企業ネットワーク] ラストリゾート,IP電話とおとくラインを同時利用(088p)
[ブロードバンド/テレコム] NTTグループの技術展が開催,キーワードはFTTHとRENA (090p)
[モバイル/ワイヤレス] 明暗分けたドコモとKDDIの中間決算(092p)
3号連続連載 モバイル・セントレックスの3社比較 第2回
KDDIの「OFFICE WISE」 既存のau携帯電話で定額通話 企業内に基地局を設置(138p)
編集長インタビュー
坂田好男[アッカ・ネットワークス社長] 12月から光サービスも開始 付加価値提供でARPU底上げ(099p)
企業を変えた最新ネット
IP-VPNと広域イーサを直結 予備のフレッツはIP電話に活用 森永乳業(094p)
特別寄稿
2004年度版 総務省の電気通信市場評価(3)  FTTH (142p)
技術解説
VDSL (131p)
早わかり講座
IPセントレックス・サービス(15) (150p)
広がる無線LAN(15) (152p)
一刀両断
光ファイバは商品か、原料か(045p)
この一語
GE-PON (047p)
実践e-Japan
福島県原町市のFWA (102p)

アンケート調査から(076p)
通信事業者/インテグレータの新サービス(157p)
新製品(154p)
ラウンジ(161p)

広告企画 TV会議システム(103p)
TV会議フォーラム レビュー(108p)
ブロードバンド時代のオフィス・ネットワーク(118p)
モビリティ・ソリューション セミナー2004レビュー(126p)
ページトップへ
お問い合わせ | 年間購読規約について | プライバシーポリシー | 日経BP社トップ |
Copyright(C)1995-2003 Nikkei Business Publications., Inc All Rights Reserved.