日経BP書店
日経BPの雑誌へ
キーワードで雑誌の掲載号を検索
検索のヒント
記事全文検索  目次検索
日経BPの書籍へ
キーワードで書籍を検索
検索のヒント
年間購読雑誌の送付先変更はこちら
日経BP書店の利用案内 | その他のサービス |
日経BPの雑誌
|  雑誌一覧  |  年間購読のQ&A  |  雑誌専用ファイルのご案内  |  日経BP書店トップ
バックナンバー購入
日経バイト表紙
発行日
   毎月22日発行(年12冊)
年間購読料(税込み)
   1年(12冊):14,800円
   3年(36冊):32,800円
一部売価格(税込み)
   1,470円
日経バイト
[2005年12月号 no.271 11月22日発行]
自動車のIT化感性の領域へ
1800年代末の発明以来,クルマは走行性能の向上を競ってきた。性能向上が一段落した今,求められるのが安全性能である。クルマが安全であるためには,走路環境とドライバを観察することが求められる。観察の結果,危険と “感じ” たら回避するようにドライバにうながしたり,ハンドルをきるなど,クルマが制御に介入するのだ。こうした感性の領域への扉が今,開かれようとしている。(028p)
Part 1 : 総論 走る・止まるから “感じる” へ(030p)
Part 2 : 車車間通信 クルマの世界もピア・ツー・ピアに(034p)
Part 3 : ドライバ・モニタリング 人を所作を見守り危険の芽を摘む(040p)
BYTE LAB 2006年版セキュリティ対策ソフトの新機能
年々機能が追加されるセキュリティ対策ソフト。2005年9月に相次いで発表された2006年版の新機能のなかでセキュリティ対策として目新しいのは,フィッシング詐欺とファーミング詐欺への対策である。これらを中心に主要3製品が搭載した新機能の有効性を探った。(056p)
BYTE Report
ユーザビリティ/ユーザー中心設計でも目新しく使いやすい携帯電話を設計(010p)
ソフトウェア開発/XML,Java,.NETの処理機能をCPUに組み込みたい ―― Intelソフトウェア部門トップに聞く(012p)
生体認証/携帯電話を生体認証トークンにマイク,カメラ,指紋センサーを生かす(013p)
Best of WPC EXPO 2005/「W-ZERO3」は選考者全員賛同,新コンセプトPCに特別賞(014p)
CPU/【LAB Annex】 体感速度が実マシンに迫る 仮想化支援機構VTの効果(016p)
IT最前線/ウイルス対策ソフトが無効になる日 チェック逃れの手法が相次ぎ発覚(020p)
セキュリティ最前線/相次ぐSSHサーバーへの不正侵入 パスワードの重要性を再認識せよ(022p)
組み込み最前線/焦眉の急,次代を担う人材育成 負のスパイラルを断ち切れ(024p)
リサーチ最前線/ホログラムの原理を使った めがね型ヘッドマウント・ディスプレイ(026p)
News Clips/ATOK新版は入力操作を基に単語学習を提案,JBuilder新版はペア・プログラミング機能が目玉,ほか(018p)
BYTE工作室・作るライントレース・ロボット【第2回】
行動理論モデルを導入(062p)
複雑なコース・レイアウトでもたどれるよう,プログラムの改変に着手した。ターゲットとしたのは,直角カーブ,破線,分岐。ロボットの行動制御理論に基づくアーキテクチャに改変し,leJosに標準で付属するフレームワークを使うようにした。分岐には対応しきれなかったが,直角カーブや破線はクリアした。(062p)
BYTE EYE 
次世代組み込みOSで進むハイブリッド化とマルチコア対応(068p)
組み込みシステム向けのOSが,2つの意味で転機を迎えている。1つは,リアルタイム処理に長けたリアルタイムOSと,WindowsやLinuxといった汎用OSの特徴を兼ね備えた「ハイブリッドOS」が主役のいすに座ろうとしていること。もう1つが,組み込みシステムの機器に押し寄せてきたマルチコアCPUへの対応だ。(068p)
技術の真髄
浅川智恵子の「アクセシビリティ論」/【後編】 誰にでも使いやすいインタフェースのあり方(091p)
アクセシビリティ関連の法律や規格にのっとったWebページを作成する上での效果的なポイントを紹介する。誰にとっても使いやすい製品やサービスを開発するには,見えない・聞こえないユーザーを想定する必要がある。(091p)
対談 : 萩原正義 × 浅海智晴/技術の目利きであるためにモチベーションを維持しよう(101p)
マイクロソフトの萩原正義氏と,独立系ソフトウェア・コンサルタントの浅海智晴氏。立場の大きく違う二人が,ソフトウェア開発の現状と未来について語り合う。両人から出てきた共通のキーワードは「目利き」だ。技術の移り変わりに惑わされず,本質を見抜く力が求められる。(101p)
連載
プログラマ道場 青木 淳/【第9回】 ペアプログラミング(110p)
1人ではなく,2人でプログラミングする。それにより間やリズムが生まれ,速度や調子が出る。1人が読み,1人が書くのでどちらにとっても鍛錬となる。それを実践するには,対話的なプログラミング環境が必須である。ペアプログラミングによるプログラムの発展の様子をまとめた。(110p)
混沌の館にて ジェリー・パーネル/Gatesの危機感とiPod利用記(128p)
間違いだらけのネットワーク作り 松田次博 ―― 情報化研究会主宰/間違いだらけのペーパーレス(126p)
本棚(134p)
読者から/編集室から(135p)
イベント・カレンダー(137p)
天外伺朗の悠遊説法/意識の成長に目を向けよう,非日常の活動がヒントに(138p)
ページトップへ
お問い合わせ | 年間購読規約について | プライバシーポリシー | 日経BP社トップ |
Copyright(C)1995-2003 Nikkei Business Publications., Inc All Rights Reserved.