日経BP書店
日経BPの雑誌へ
キーワードで雑誌の掲載号を検索
検索のヒント
記事全文検索  目次検索
日経BPの書籍へ
キーワードで書籍を検索
検索のヒント
年間購読雑誌の送付先変更はこちら
日経BP書店の利用案内 | その他のサービス |
日経BPの雑誌
|  雑誌一覧  |  年間購読のQ&A  |  雑誌専用ファイルのご案内  |  日経BP書店トップ
バックナンバー購入
日経バイト表紙
発行日
   毎月22日発行(年12冊)
年間購読料(税込み)
   1年(12冊):14,800円
   3年(36冊):32,800円
一部売価格(税込み)
   1,470円
日経バイト
[2005年11月号 no.270 10月22日発行]
仮想化の正体
部品の標準化が進行し,しばしば玩具のブロックにもたとえられるコンピュータ。レゴのようなブロックなら多数組み合わせることで,1台の車を作ることもできる。しかしコンピュータをブロックのように組み合わせて,性能や機能を自由に変える取り組みは,まだ途上にある。大きさや形状の異なるブロックを整形するのに相当する,ハードウェアの仮想化技術の整備が欠かせない。コンピュータとストレージの仮想化の最前線を追った。(022p)
Part 1 : 動向 システムの単純さを取り戻す(024p)
Part 2 : コンピュータ 「分割」を極め,「結合」の段階に(028p)
Part 3 : ストレージ 単一のストレージ化で,手軽に速くを実現(034p)
Part 4 : 源流 TSSが発端,仮想マシンの40年(038p)
BYTE LAB Ajaxを読み解く
Webアプリ開発の新手法として注目を集める「Ajax」。JavaScriptとXMLHTTPオブジェクトを用いてサーバーとクライアントの非同期通信を実現し,ユーザーの操作に合わせて画面の表示を動的に変更する。「Google Suggest」や「Google Maps」などのソースコードを解読して,内部でどのような処理が実行されているのかを分析した。(060p)
BYTE Report
検索エンジン/Yahoo!Japanが検索エンジンを一新 カテゴリ検索で蓄えたデータを生かす(006p)
CPU/インテルがデュアルコアXeonを急ぎ投入 “本命” 出荷は2006年から(007p)
センサーネット/無線ノードが通信タイミングを自動調整 福井大と沖が自律分散システムを考案(008p)
電力線通信/電力線通信の高速化が年明けに実現 ただし実効速度は未知数(010p)
センサーネット/便利,安全,省エネ ZigBeeは一般家庭でも活躍する(011p)
オフィス・スイート/【LAB Annek】 MS Office互換目指すスタースイート プレゼン・ソフトは進歩,表計算は期待外れ(012p)
IT最前線/来年後半の製品出荷に向け 環境整うワイヤレスUSB (014p)
セキュリティ最前線/「ユーザーの40人に1人が感染」 ボットの危険な実態が明らかに(016p)
組み込み最前線/不足する組み込みソフト技術者 スキル形成の指針を今こそ生かせ(018p)
リサーチ最前線/圧力・温度センサー付き人工皮膚 ロボットの関節に応用(020p)
News Clips/Airgoが最大240M ビット/秒の無線LANチップ DLNAがホーム・ネットワークの認証プログラム,など(013p)
BYTE工作室・作るライントレース・ロボット【第1回】
黒線をたどるロボットがとりあえず完成(068p)
工作室の2番目の「作る」対象として,ライントレース・ロボットを取り上げる。ロボットを自由に設計するのではなく,デンマークLEGO社のロボット製作キット「LEGO MINDSTORMS」でロボットを組み立てた。MINDSTORMSゆえ,制御が緻密でなくアバウトな面はあるが,それがかえって面白みを増しているように感じられた。(068p)
BYTE EYE スマート・イメージ・センサー
CMOSセンサーの将来像(074p)
イメージ・センサーの技術が変革期を迎えている。従来イメージ・センサーといえば,実用化が早かったCCD(Charge Coupled Device)を指すことが多かった。ここにきて,一般的なLSIと似た製造プロセスを使うCMOSセンサーが台頭し始めた。センサーと処理回路を1チップに集積して,計測や通信などの機能を組み込めるからだ。(074p)
技術の真髄
浅川智恵子の「アクセシビリティ論」/【前編】 障害者の日常を一変させた情報技術(081p)
障害者や高齢者が自由にコンピュータを操作し,インターネットにアクセスできる環境は情報技術の発展とともに整ってきた。今ではインターネットを利用した買い物,資産管理が簡単にできる。アクセシビリティの実現では,いかに簡単にアクセスできるかが重要だ。(081p)
萩原正義の「ソフトウェア工学論」/【後編】 モデルに内在する複雑さ(087p)
一般にシステム開発では各工程で設計図に当たる「モデル」を作成する。現在の技術では,工程ごとに作成されるモデル同士の関係が複雑にならざるを得ない。複雑さを軽減するには,モデルで定義する要素を工程間で変えず,1対1に対応付けることが重要だ。(087p)
連載
プログラマ道場 青木 淳/【第8回】 物差し(094p)
オーダー(桁)の概念は,計算の正しさを検証したり,データ量や計算量などを見積もる際に必須の概念である。アルゴリズムを検討するうえでも意味がある。しかしその概念を知らない技術者が増えていると筆者は嘆く。アルゴリズムのオーダーを検討し,それを実装する過程で視覚化していく方法について解説する。(094p)
混沌の館にて ジェリー・パーネル/ハリケーンの教訓とWindows Vistaの印象(104p)
間違いだらけのネットワーク作り 松田次博 ―― 情報化研究会主宰/コントラストを大切に(102p)
本棚(110p)
読者から/編集室から(111p)
イベント・カレンダー(113p)
天外伺朗の悠遊説法/ “常に他人と闘う” を卒業し,一歩先を目指そう(114p)
ページトップへ
お問い合わせ | 年間購読規約について | プライバシーポリシー | 日経BP社トップ |
Copyright(C)1995-2003 Nikkei Business Publications., Inc All Rights Reserved.