目 次

分析力を武器とする企業

第一部 分析力を武器とする企業
第一章 データ分析で競争に勝つ
分析の骨格
なぜ分析力が武器になるのか
データ分析はどのように発展してきたか
分析か直感か
データ分析のお手本はプロスポーツ界にあり
本書の構成

第二章 こんな企業が分析力を武器にしている
分析力を武器にする企業の特徴は
分析力を競争優位に育てるために

第三章 データ分析を業績に結びつける
データ分析は高い業績につながるか
分析力は持続的な競争優位になりうるか
データ分析は政府機関でも活用されている
分析サービスを提供する
しかし分析は万能ではない

第四章 社内へデータ分析を活用する
財務への応用
製造・品質管理への応用
研究開発への応用
人事への応用

第五章 社外へ向けてデータ分析を活用する
SCMとCRMの意外な共通性
顧客への応用
サプライヤーへの応用


第二部 分析力を組織力にする
第六章 分析力活用のためのロードマップと組織戦略
第一ステージ
分析力の評価と戦略目標
ファスト・パスとスロー・パス
第二ステージ
第三ステージ
第四ステージ
第五ステージ
目標達成までの三つのアドバイス

第七章 分析力を支える人材
紙おむつとビールの伝説
経営チーム
統計分析のプロフェッショナル
アマチュア・アナリスト
   
第八章 分析力を支える技術
ビジネス・インテリジェンス・アーキテクチャーの構成要素
1・収集および管理
2・変換
3・保存
4・分析
5・表示
6・運用

第九章 分析競争の未来
技術から始まる変化
人から始まる変化
組織戦略から始まる変化
分析力を武器とする企業の未来