予約受付中

すべてExcelでできる!経営力・診療力を高めるDPCデータ活用術 増補改訂版

伏見 清秀(監修)、今井 志乃ぶ(執筆)、日経ヘルスケア 編著

A4変判(CD-ROM付)
368ページ
 
価格 12,960円(税込み)
ISBN 978-4-8222-3966-4
発行元 日経BP社
発行日 2017/05/29

NHCスタートアップシリーズ

すべてExcelでできる!経営力・診療力を高めるDPCデータ活用術 増補改訂版

内容紹介

「これ以上やさしくできないDPC分析の指南書」が最新制度に対応!



医療政策が「データ重視」で決まる時代において、存在感を増しているDPCデータ。ただ、DPCと聞いただけで、「難しい」「よく分からない」といったアレルギー反応が現場にはつきものです。しかし、診療プロセスや患者属性の情報が集まるDPCデータは、病院マネジメントにとっても宝の山。本書はそんなDPCデータを、Excelのみを使って集計・分析し、徹底的に使いこなすコツを詳しく解説しています。2016年度診療報酬改定で導入された「Hファイル」を用いた重症度把握、2017年度から始まった「病院情報の公表」への対応、「病床機能報告」など各種統計データを組み合わせた分析など、最新制度に対応した内容を大幅加筆してパワーアップしました。

★本書のポイント★
◎DPCデータの基礎知識からExcelを使ったデータ分析手法まで徹底指南
◎実際に手を動かしながら自院の診療機能や医療圏を分析できる
◎付録CD-ROMには、二次医療圏コード付きDPC調査対象病院リストを収載
◎第3章「病床機能報告など各種統計データを用いた分析」も追加

★貴院の課題、DPCデータ分析でズバリ解決!★
●平均在院日数を短縮できない
●診療行為にばらつきがある
●「病院情報の公表」に用いるデータを自前で集計したい
●各病棟の重症度、医療・看護必要度に応じて看護師の傾斜配置をしたい
●薬剤費の節減に向け、後発医薬品の使用を進めたい
●受療動向を踏まえ、効果的な患者確保策を練りたい
●二次医療圏単位で各病院の診療密度を把握したい

目次を見る 買い物カゴに入れる

■返品・解約について